家事時短

怠け者主婦の時短家事!めんどくさい特は食材は冷凍で!

現在は専業主婦をしていますので時間にゆとりがありますが、働いていた頃はとにかく家事にを追われる日々を過ごしていました。しかし昔からめんどくさがりのズボラ性格が邪魔をして、部屋が汚くても見て見ぬふりをする事も度々ありました。そんな私が何とか時短技を駆使して生活してきたアイデアを皆様にもお伝えしたいと思います。

食材は買ったら冷凍!が鉄則。

時短技の基本中の基本ですが、食材の冷凍は欠かせませんでした。
まずはネギ。買って来たら鍋に使う分以外は全て小口切りにし、ジップロックにいれて冷凍します。これは切る時だけがめんどうですが、とにかく重宝します。味噌汁、うどん、ラーメン、冷ややっこ、麻婆豆腐など何にでも使える優れものです。
次はキノコ。キノコは数種類をまとめ買いし、下の硬い部分を切り落とします。エリンギなどの大きなキノコは食べやすい大きさに切り、まいたけは小分けにして、えのきだけ以外は全てミックスしてお味噌汁1回分の量に別けて冷凍します。キノコは冷凍した方が解凍した時に細胞壁が壊れやすく栄養を無駄なく摂取できるので時短以外のメリットもあります。えのきだけ以外と言うのは、えのきはお鍋やお浸しなど単独で使う用途が多いので他のキノコとミックスしないというのが私の持論です。買った袋のまま冷凍してください。
という感じでとにかく野菜に関してはさまざまな食材を冷凍しまくって時短をしていた私です。
他には玉ねぎ、ピーマン、大根、ニンジン、ゴボウ、小松菜、ニラなど。
購入したうちの半分の量の野菜を冷凍しています。(ニンジン1袋3本入りなら1本はそのまま、2本は切り方を変えて冷凍)
そして切る時は冷凍していない食材を夕飯等で使う際に一気に切ります。そうすることでいちいち包丁やまな板を洗ったう手間をはぶくわけです。

買い物を宅配にした

次の時短方法は、節約という分野には弱いのですが、食材の買い物を宅配にした事で精神的なストレスがかなり軽減されました。
働いていた頃、宅配を利用していなかった時は仕事帰りに買い物をしてから帰るのですが、そうすると帰宅時間が夜8時くらいになり、そこから夕食の準備をするのは今想像するだけでも本当に大変でした。
大変なので結局は焼くだけ、温めるだけ、出来合いの品といった寂しい食卓が多かったです。
そこで配送料はかかるにせよ買い物の時間と体力が節約できる生協の個人宅配を利用することにしたのです。
なぜ生協にしたかと言うと、ネットスーパーだと結局ネットとにらめっこしてあれやこれや買う物を吟味する時間がもったいなかったからです。
生協の場合はチラシで選べるためネットよりも見るのに時間がかかりませんし品数も豊富です。
私がせっかちなのかもしれませんが、画面に表示される時間の待ち時間ももったいないですし、長時間スマホやPCを見ているのが辛く感じるので私にはチラシで買い物をするというシステムの方があっていました。
お陰で仕事が終われば直帰できる日が増え、重たい荷物を部屋まで運ぶ事も無くなりとても時短になりました。
配送料も自分で車で買い物に行くと思えばガソリン代がかかるわけですから、それを思えば玄関先まで商品を運んでくれる宅配はありがたいです。

ながら掃除に変えた

最後はお掃除について。
基本的にお掃除は土日の休日にしていますが、普段やらない部分のお掃除は「ながら掃除」にしています。
例えばガス台の掃除は吹きこぼれや油が跳ねてどうしても掃除しなければならない状況になった時に徹底的にお掃除をするということです。
冷蔵庫の中もいつの間にやらジャガイモの袋から出た土や玉ねぎの皮が野菜室の隅に溜まってしまう時がありますよね。でもそれに気付くのって野菜が少なくなって隙間ができた時(底が見えるようになった時)だと思うんです。
ですので野菜がほとんどなくなるまで使いきった時に掃除をするようにしています。
そうすればいちいち野菜室から野菜を取り出して綺麗に掃除したらまた入れなおすという手間がはぶけるからです。
他にもPC台の掃除はPCを使う時にサッとすます。食後に机を拭いたらそのついでに棚やTV台も拭く。できればウエットティッシュ数枚を重ねて拭いて汚れたらそのまま捨てるのが理想です。その方が長い目で見て衛生的ですし汚れた台布巾を洗いなおす手間がはぶけます。
私のお勧めはセブンイレブンで頂くお手拭き用のウエットティッシュは厚手で丈夫です。
これを数枚重ねて拭き、そのまま捨てると楽ちんです。

工夫次第で時短は楽しい

以上で紹介したような時短をしているわけですが、他にもお風呂の掃除をこすらずスプレーするだけで綺麗になる商品を使ってみたり、外出用の洋服は3パターン位を週末に選んでそれをローテーションで2~3回着たら洗濯するなど自分なりに工夫して時短を楽しんでいます。時短のために多少お金を使ってしまう時もありますが、それで少しでも人生と心を豊かにできると思えば私はそちらを選択するでしょう。
今回紹介した内容をすでに実行している方も多いと思いますが、自分なりにこれからも色々時短技を考えていきたいと思っています。