家事時短

時短掃除のやり方!掃除の時間を短くできる魔法

「せっかくの休日なのに、掃除だけで1日使っちゃった・・・」なんて悲しいこと、ありませんか?主婦に限らず多くの人が「掃除の時間を短縮できたらなぁ」と考えていると思います。いざ掃除!と思っても、真っ向勝負は時間も労力も使ってしまいます。効率のよい時短掃除があればいいですよね。今回はそんな時短掃除方法について紹介していきます。

魔法?コツコツ?時短掃除法

人である以上、魔法で「ゴミよ消えよ!」と手をかざしても、何も片付いてはくれません。重要なことは、やはり「毎日コツコツ掃除する」ということです。「えっ、そんなの時短じゃない」「結局毎日掃除かよ!」という声が聞こえてきそうですが、掃除時間にポイントがあります。毎日の掃除時間は「10~15分」で終わらせるのです。
その方法とは、まず片付け作業とホウキ・掃除機作業を切り離します。片付けは片付け、ホウキ・掃除機はホウキ・掃除機、まとめてやろうとするから長引くのです。この2つの作業を「連動させない」ことが重要となってきます。1つのことを行なうということがポイントです。掃除機のときに片付けがきになっても、「今日は掃除機だけ」と思い、まあ軽い散らかり程度、サッとよかせられるものはやっても構いませんが、時間がかかりそうなものはまた後日に回しましょう。
「そんなの簡単だよ」と思いがちですが、その油断が落とし穴になりますよ。意外と掃除機をかけていて気になって、ついつい片付けもやってしまい、結局両方中途半端になってしまうということがあります。まず時短掃除方法のポイントとしては。「掃除の時は掃除だけをメインにして、片付けの時は片付けだけをメインにすいる」ということです。

毎日コツコツ15分!

先ほどの「掃除と片付けを切り離す」ということが理解でき、心構えが出来たなら準備OKです。これを守っていけば、リビング、キッチン、その周辺の掃除だけであれば15分で終わることができます。時短掃除だからそんなに労力を使わない→毎日コツコツできる→毎日行なっているのでキレイが続き→結果、ますます時短が進んでいきます。このように好循環となって時短掃除がますます効率よくなっていきます。15分が長いと感じる人は、もう少し掃除する場所の担当を替えて、今日はキッチンだけ、今日はリビングだけ、という風にしていけば、そんなに時間がかかるということはないと思います。時短掃除法のポイントはなんといっても「毎日行なうこと」です。1日で一気にやろうとして、労力と時間をつかって結局何も中途半端で時間と労力だけ費やしたという残念な状況になってしいまうよりも、毎日5分でもいいので、1つの部屋を掃除、もしくは片付けをしていく、それだけで、なにもしないのとは大きく違っていきますし、結果的に大きな時短となります。毎日の積み重ねも少ない時間であればそんなに疲れてしまうというようなこともないと思うので、これを機会にまず1部屋からはじめてみてください。

時短掃除テクニック!

それでは具体的な時短掃除方法を紹介していきます。
「リビングとリビング周辺」
リビングはやはり一番きれいにしておきたいエリアですね。しかし家族が集まるからこそ人や物の移動が多くなって一番汚れてしまうエリアでもあります。だからこそ基本の15分で、毎日コツコツと続けるために、テレビの上や棚の上といったそれほど汚れないエリアは週に1回程度と割り切って、食べかすやホコリが溜まりやすい床掃除をメインと考えましょう。
まずは「散らかっているのか、汚れているのか」を区別します。家族の脱ぎ捨てた服などは、本人のイスやスペースに持っていって片付けるように促すのもよいでしょう。片付けBOXを1つに決め、そこにすべて放りこみ、片付けの時に整理します。キレイになったら掃除開始です。
掃除といっても掃除機を使う必要がない場合は、フローリングワイパーやモップなどで食べかすやホコリを一気に集めて、掃除機は吸い取るだけというスタイルにします。
他は廊下や会談など1日1箇所のみの掃除をします。ローテーションでその日その日で掃除する場所を変えていくことでパターン化していけばOKです。
ここまでで15分以内で終えることが出来ると思います。

いろいろな方法

今回は紹介しきれませんでしたが、キッチンの水周りは水きりネットとスポンジでOKですし、コンロは紙のおしぼりでけっこう汚れが落ちます。レンジフードなどもレンジフードカバーなどで出来ます。お風呂はこすらなくてもよい洗剤もありますし、鏡や蛇口は古紙でOKです。トイレはペトイレッロペーパーにスプレーできるタイプが簡単です。便器内はスタンプ式でOKです。マイクロファイバーのモップなどがあれば便利になります。他にも古びたスポンジや歯ブラシも役立ちます。いろいろ組み合わせればかなり時短掃除となります。一度試してみてはいかがでしょう?